インタ―ギデオン

経済産業省登録システム監査企業 公認システム監査人特別認定講習実施機関 
 070-6470-7041
お問い合わせ

お知らせ

2019 / 08 / 30  07:30

【note更新】システム開発の7つのポイント~オリンピックに向けて~

システム開発ポイント.png

オリンピックに向けたシステム開発7つのポイントをまとめました。

 

詳細はこちら↓

システム開発の7つのポイント~オリンピックに向けて~

2019 / 07 / 09  07:30

【note更新】緊急事態が発生したときに意識すべき5つのポイント

緊急事態.png

 

緊急事態が発生したときに意識すべき5つのポイントをシステム監査の視点からまとめました。

システム監査の役割として説明責任を果たすことが挙げられます。

 

詳細こちら↓

緊急事態が発生した時に意識すべき5つのポイント~説明責任を果たす為に~

2019 / 06 / 19  07:30

DX支援メニューをHPに追加致しました!

IMG_1864.jpg

2019年6月に「デジタル時代の新たなIT政策大綱」が公表され、デジタルガバナンスコードやDX格付制度が創設されるなどDX推進に向けた動きが更に加速しています。
このような状況を受け、当社では豊富なシステム監査経験やITサービスの有効活用支援経験を踏まえ、システムの健康診断サービ体制の整備、データの利活用支援、レガシーシステムの監査等のご提供を通して、お客様のDX実現と企業価値の向上に貢献致します。

詳細は下記のページをご覧ください。
デジタルトランスフォーメーション支援

 

 

2019 / 05 / 31  07:30

企業向け公認システム監査人特別認定講習

 

 

公認システム監査人は貴社オンサイトで柔軟に実施可能です!

 

新型コロナウイルスの発生により、テレワークの活用が急速に進むなど、ICTの役割は益々重要となりました。その一方で大規模なシステム事故の発生、サイバー攻撃の増加などリスクも顕在化し、課題を感じている企業様も多いのではないでしょうか?

そんな中で、このようなリスクをいち早く発見し防止する、システム評価者として注目されている資格が、「公認システム監査人」です。

 

 

【公認システム監査人とは】

NPO日本システム監査人協会(以下、SAAJ)が、システム監査の知識と監査実施経験を併せ持つ監査人を「公認システム監査人」または「システム監査人補」として認定する制度です。
システム監査技術者試験合格+2年間のシステム監査の実務経験を要件とし、本人の申請により認定されます。

 

 

【特別認定講習とは】

特別認定講習はSAAJが認定した講習実施機関が、CIA、CISA、ITコーディネータ、公認会計士、高度情報処理技術者試験など下記の表の資格取得者に対し、SAAJの指定したカリキュラムに基いて講習を実施するものです。
システム監査技術者をお持ちでない方も、本講習を受講し最終テストに合格することで(70点以上)、「公認システム監査人」「システム監査人補」に申請することが可能となります。

 

 

 【ご受講の流れ】

資格を保持した候補者のリストアップ

IMG_1724.jpg

       ↓

受講コースの選択と弊社との日程調整    

 A.システム監査に関する知識コース
   2日コース(110,000円税抜)

 B.論文およびプレゼンテーションコース
   1日コース(70,000円税抜)
 *事前に下書き論文をご提出いただきます

 C.情報システムの知識コース
   2日コース(110,000円税抜)

       ↓

     研修の実施


*注意事項

 研修の実施にあたってSAAJの許可と、SAAJのHPに掲載し外部の受講希望者がいた場合、受け入れることが必要となります。

 

 

【お申込み】

企業向け特別認定講習のご案内

上記のお申込み書にて必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。

 

   連絡先
    TEL:070-6470-7041 FAX:03-4333-7560
      MAIL:semi@intergideon.com

 

 

2019 / 04 / 30  07:30

IT関連システムの実現可能性検証サービスのご案内

 

当社では、5月10日よりIT関連システムの実現可能性検証サービスの提供を開始致します。

 

【内容】

・IT関連システムが納期に間に合うかどうかの評価・検証

・IT関連システムが想定目的を達成できるかどうかの評価・検証

・IT関連システムが品質要件やコスト要件を満たすかどうかの評価・検証

・期間、要員、設備、目的、方法、効果、費用面等からの実現可能性評価

 

【例】

・令和への元号変更計画の実現可能性検証

・消費税10%対応計画の実現可能性検証

・各種マネジメントシステムの改善計画の妥当性検証 など

 

【費用】

お気軽にご相談ください。

 

【連絡先】


 TEL:070-6470-7041
email:semi@intergideon.com

 

1 2 3 4
2021.10.23 Saturday